プロフィール

ましまろ

Author:ましまろ
4歳の娘を持つ30代主婦です。
2012年春より、夫が脱サラして実家の群馬で農業をすることになりました。
就農までの道のり、農業のこと、ハーブのこと、田舎暮らしのことなど、きまぐれに綴ります。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
↓たくさんの新規就農者さんたちのブログがあります。農業に興味のある方はこちらへ★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
当ブログはリンクフリーです。 ご一報いただければこちらでもリンクを貼らせていただきます★
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃくを芋から手作りしてみた。

群馬といえばこんにゃく。
こんにゃくといえば群馬。

夫の実家の食卓に必ずといっていいほど出てくる手作りこんにゃく。

これが、もうスーパーに売っているものは2度と食べられなくなるほど美味しいのです!

それで今後は群馬の住人になることだし、
ヨメのたしなみとして(?)こんにゃくを手作りしてみようと、義母からこんにゃく芋を送ってもらいました。

早速今日、夫にネットで作り方を調べてもらい、脇で説明してもらいながらもくもくと作業。


芋をよーくたわしで洗って、皮をむき、分量の水と一緒にミキサーにかけます。

001_20111211211902.jpg

002.jpg

↑そしたらこんな状態。
もうこれだけでどろっとして、なんとなく固まってるような?


これを30~40分放置します。
放置時間が長いほどなめらかなこんにゃくになるらしい。


放置したら、“のりかき”という作業。粘りが出るまで手でこねます。

そして粘りが出たら凝固剤をいれます。今回は、消石灰を使いました。
群馬では普通にスーパーに売っているらしいのですが、うちの近所では当然見つからなかったのでネットで購入。

消石灰を溶かした液を入れて手早くまぜまぜ。

手袋をはめて終始作業していたのですが、このとき左手だけ手袋をちょっとはずして生地に触ったら、そのあと手がピリピリして痛かった><

この痛い原因はこんにゃくい芋のアク成分らしい。
この強いアク成分を、アク(消石灰)によって中和させて作る食品なんだそうな。
よくわからないけど、最初にこの芋からこんにゃくを作った人の想像力ってスゴイですね。



凝固剤を入れて混ぜたこんにゃく生地をボウルに入れ、20分放置。

そのあと固まったこんにゃくを適当な大きさに切って、熱湯で30~40分茹でたらできあがり。

004.jpg

茹で上がり。

003.jpg



・・・とこんな感じに、特に困ったこともなく作業を終えたのですが、
夕飯のときに食べようと思ったら肝心の味が・・・!

なんか、苦い?!
辛い?!
痛い?!

なんとも例えようのない味だったのです(泣)

これはなんなのかネットで調べてもわからず・・・。
こんにゃく芋のアクなのか、消石灰が残っているのか?
どこでどう失敗だったのかはっきりした理由はわかりませんが、とにかく失敗・・・。

固まらないなんてこともなく、見た目は普通の手作りこんにゃくなのに。

ただよく見ると、色がちょっと黄色くプツプツしていて、
これがこの苦味のモトかしら?という気はする・・・。


後日追記:

食べる分だけ先に小さく切って、料理前にまたアク抜きを3時間くらいぐらぐらやり続けたら、
その後は問題なく食べられました。

大量に作ったので1週間くらいもちましたが、
毎日保存している水を毎日替えているうちに、最後のほうはアクがやっと抜けきれてそのまま食べてもいけました。

でもどっちにしろこんな面倒なことはないはずなので、失敗は失敗・・・。



あーー、残念だけど第一回目は失敗。

まだもう少し芋は残っているので、また挑戦してみようと思います。



関連記事

Comment

Re: タイトルなし

こんにゃく趣味人さん

コメントありがとうございます!
このこんにゃくを作ったのはだいぶ前なので詳しくは忘れてしまいましたが・・・^^;
湯がいてアク抜きはかなりグラグラやって、その後水にもつけたのですが、このときはダメでしたねー。

たぶん、最初のミキサーで攪拌するのが旦那のレシピ読み間違いで甘かったためと思います。
結局、その後1週間水に浸け続けてようやくまともに食べられるようになったと思います^^;

その後、どうなったでしょうか。
要するに「湯がいてアク抜き」の工程が抜けていただけですよね。グラグラ湯がいて水につければアクは抜けるはず。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。