プロフィール

ましまろ

Author:ましまろ
4歳の娘を持つ30代主婦です。
2012年春より、夫が脱サラして実家の群馬で農業をすることになりました。
就農までの道のり、農業のこと、ハーブのこと、田舎暮らしのことなど、きまぐれに綴ります。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
↓たくさんの新規就農者さんたちのブログがあります。農業に興味のある方はこちらへ★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
当ブログはリンクフリーです。 ご一報いただければこちらでもリンクを貼らせていただきます★
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のハーブティー

今日は4月からの娘の保育園入所手続きに必要な書類をもらったり転出届を出しに、市役所へ行ってきました。

明日からはとうとう3月なので引っ越し準備も本格的にやらなくては。
いよいよ移住と農業デビューが近づいてきた感じです!


さて、今朝は起きたら娘がくしゃみ&鼻水がちょっと出ていたので、こちらのハーブティーを薬代わりに飲ませました。

aoi 065

ジャーマンカモミール・リンデン・マロウ(ブルー)のお茶です。
どれも風邪の初期症状に効果があると言われています。

気付けばお昼にはくしゃみも鼻水も止まってますね~。
ですが明日の朝になったらまた出てくる可能性があるので、症状が完全になくなるまでしばらく飲み続けると、悪化せずに治っちゃいます。

aoi 068

マロウを入れたお茶は、お湯を入れたてのときは青色がとってもきれいなのですが、すぐ色は消えてしまいます・・・。

ハーブティーは、お湯の表面に浮かぶ茶葉がとってもきれいなので、目で見ても癒されます~。




スポンサーサイト

テーマ:癒しと潤いのある生活
ジャンル:ライフ

tag:ハーブティー

ちょいマクロビ・・・調味料を一新。

マクロビ本を読み漁り・・・

とりあえず調味料を一新してみました。

aoi+059_convert_20120228173158.jpg

aoi+060_convert_20120228173113.jpg

マクロビではお砂糖を使わないのがルールなので、今あるお砂糖がなくなったらもう買うのはやめようかと。(捨てることはできない・・・)
みりんもあまり使わないらしいんですが、私はゆる~いマクロビから始めようと思っているので(汗)、ひとまず購入。

こういうのは一応今までもスーパーで原材料表示とかはなんとなく見てましたけど、そこから詳しい製法とかはわからないですものねー。
なのでマクロビ食材といえば!のオーサワジャパンさんの通販ショップにて購入しました。

ちょっと高いですけどね、今後は野菜とか買わなくなるし・・・体をつくるものだから頑張ります。


それと動物性食品については、最近は肉や魚を使ったおかずは一日おきにしてみてます(笑)
そのくらいなら夫もあまり気づいてないみたいなので。

でも農業が始まったら夫には動物性たんぱく質はある程度は必要かなと思ってます。
体力仕事ですものね。その辺は自己流マクロビでやってみます。

だしもね、かつおとかいりこのような動物性のものは本当は使わないのがルールなんです。
でもこの前大量にいりこをもらったので・・・それがなくなるまでは使いますわ。


食事は美味しく楽しくが一番だと思うので、あまりルールにとらわれずこれからも実践します!







テーマ:スローライフ
ジャンル:ライフ

tag:マクロビオティック

フラワーレッスン2回目

今日、先月入会したフラワーレッスンの第2回目に行ってきました。
>>教室HPはこちら

来月引っ越すというのに無謀ですよね・・・教えがいのない生徒で申し訳ありません、先生(汗)

さて今日のアレンジメントはこちらです。
オールラウンドのナチュラルアレンジ。

aoi 041

ヒアシンスをメインに、トルコキキョウ、チューリップ、ミモザ等々でアレンジ。
ミモザとグリーン使いが私好みのナチュラル度ましておりまする~。

cats_20120225163220.jpg

お花ひとつ切ることさえ恐る恐るだった私ですが、先生いわく「今日はさくさく切れてた」らしいので、たった3回のレッスンですが得るものはある!と意気込んでいます~。

でもやっぱりデザインまでは頭が回りません・・・。
先生に言われるがままお花を挿すのがやっとです。続ければこれができるようになるのに~、本当にもっと早く始めていれば良かったですなー。


自分で育てたお花や野草を使って家にアレンジメントを飾れるようになりたいなと思って始めたフラワーレッスン。
お花の基本的な扱い方は今日聞けたので、型の習得まではいかなくとも、自分なりのアレンジメントができるようになれればな~と思います。


さーラスト1回!

続きを読む

テーマ:癒しと潤いのある生活
ジャンル:ライフ

tag:フラワーアレンジメント

マクロビオティックする?

共働きの両親に代わり私を育ててくれた祖母が体調を崩し入院したと連絡があり、急遽実家の新潟へ帰省していました。

一度も病気したことがない!というのが自慢の祖母ですがもう95歳の高齢なので、この冬の寒さが少しこたえたようです。
お見舞いに行くと、「ドロドロの甘いご飯(←嚥下食)なんか食べさせられて地獄だ~」とずっと言っていました(笑)


でも確かに一緒に暮らしていたとき、祖母が大きな病気どころか風邪をひいているのは一度も見たことがない。
いつも元気で丈夫だったよなぁ・・・と覚えているのですけど、特に何かをしていたわけでもなかったと思うんですよね。

だからしいて言うなら食事でしょうか。
祖母が家事のいっさいをやってくれていたのですけど、食事のとき、祖母だけ違う献立を食べていたんですよね。
といっても特別体によさそうなものを食べていたとかじゃなくて、まぁいわゆる粗食です。
「若いもんみたいに脂っこいものは食べられないから」
といって、いつもおかゆと味噌汁。そこにプラス漬物程度。肉や魚などのたんぱく質の主菜は重たいと言って食べない。


そんなことを考えながら実家にいて、ふと食事療法について興味がわいてこちらを購入しました。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版
(2008/10/23)
大森 一慧

商品詳細を見る



“自然治癒力”・・・わたしの大好物です(笑)
実家で時間もたっぷりあったので一気読み。祖母がやっていたような粗食のことが詳しく書かれていました。
で、昔ながらの日本の穀物菜食・・・これはいわゆるマクロビオティックってやつだと。

マクロビオティックとは→参考オールアバウトより

こういう食事療法?というか食事による健康法もたくさんあって何がベストなのかってよくわからないですが、そのときの自分の思考や環境に無理のないものを自分で選択できることが大切ですよね。

この前書いたパーマカルチャーへの興味から派生して、今の私にはこのマクロビオティックが一番自然なのかも・・・なんて思いました。
食品(に限らず全てのもの)を陰と陽に分けて体の中で中庸を保つような食事の仕方をするってことなのですが、栄養素がどーのこーのっていうよりもすごく面白いなぁと。
実は大学で栄養学を専攻してまして、一応栄養士の資格を持っているのですが、こっちのほうが断然頭に入りますな~。(興味の問題ですね)


そんなわけでこちらもしばらく勉強してみます。



続きを読む

テーマ:スローライフ
ジャンル:ライフ

tag:マクロビオティック

パーマカルチャー

・・・というのを最近勉強しています。


パーマカルチャーとは何ぞや?というと、
「人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系のこと」というのが言葉の意味なのですが、具体的には、

伝統的な農業の知恵を学び、現代の科学的・技術的な知識をも組み合わせて、通常の自然よりも高い生産性を持った『耕された生態系』を作り出すとともに、人間の精神や、社会構造をも包括した『永続する文化』をかたちづくる手法
(こちらのHP→http://www.ultraman.gr.jp/perma/より引用しました)

とのことです。う~ん、文章になるとちょっと難しい。
わたしの言葉で勝手に解釈すると(ほんとにくだけた書き方で申し訳ないですが)、

自分で育てた作物を食べ、そこから出るごみがまた堆肥になり、また作物を作ったり、
雨水や太陽の熱などの自然エネルギーを有効活用する家や畑などのしくみを作るとか、
まぁつまり昔の人々が普通に営んでいた生活の仕方のことだと思うのですよね。
(本来はもっと奥が深いです)


個人的にはハーブをきっかけに田舎的スローライフに憧れて夫の農家宣言をあっさり受け入れたという経緯もあるので、こういう暮らし方は漠然としたいな・・・と思っていましたが、今度家づくりをするにあたって、パーマカルチャー的要素のある家づくりを目指したいなと思っています。

もちろん、完璧にいきなりはできることではないので、できるところから少しずつ。
雨水タンクを作りたいな、とかコンポストを作りたいな、とか暖かく涼しい家にするためにどうしよう、とかそんなところから。


パーマカルチャーについては最初この本を夫が買ってきたのですが、

パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザインパーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン
(1993/09)
ビル モリソン、レニー・ミア スレイ 他

商品詳細を見る


このビル・モリソンさんという方がパーマカルチャーの祖のようです。
最初にこれを読んだときは、まったくちんぷんかんぷん。
正直あまり読む気が起こらなかった(汗)のですが、その後に

オーガニック・ガーデン・ブック―庭からひろがる暮らし・仕事・自然オーガニック・ガーデン・ブック―庭からひろがる暮らし・仕事・自然
(2002/07)
曳地 義治、曳地 トシ 他

商品詳細を見る


この本を読んでパーマカルチャーの原理?というかそういう暮らしのデザインというかが理解できたら、まったくちんぷんかんぷんだった最初のビル・モリソンさんの本がまた面白く読めるようになりました。


ちなみに曳地ガーデンサービスさんの本はこの後買い漁りまして、

虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
(2008/04/08)
ひきちガーデンサービス

商品詳細を見る

雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック
(2011/06/07)
ひきちガーデンサービス、曳地トシ 他

商品詳細を見る

無農薬で庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック無農薬で庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
(2005/07)
曳地 トシ、曳地 義治 他

商品詳細を見る



こんな庭造りの仕方があったんだ~と目からうろこでした。
このパーマカルチャーの考え方が少しわかるようになってから改めて読んでいるのがおなじみの

自然農法 わら一本の革命自然農法 わら一本の革命
(2004/08/20)
福岡 正信

商品詳細を見る


こちら。
読み終わったらまた何か考え方が少し変わるかな?

テーマ:生きる
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。