プロフィール

ましまろ

Author:ましまろ
4歳の娘を持つ30代主婦です。
2012年春より、夫が脱サラして実家の群馬で農業をすることになりました。
就農までの道のり、農業のこと、ハーブのこと、田舎暮らしのことなど、きまぐれに綴ります。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
↓たくさんの新規就農者さんたちのブログがあります。農業に興味のある方はこちらへ★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
当ブログはリンクフリーです。 ご一報いただければこちらでもリンクを貼らせていただきます★
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスリース作りました。


群馬で農家になる。


今日、お知り合いのテーブルコーディネーターさんに習って、クリスマスリースを作りました。


このリースに使った葉っぱたち、オレゴン産モミ(日本のでないのがいいらしい)、ジュニパー、ヒバ?を使っていますが、フェイクでも、ドライでもなく、ぜ~んぶ生なのです。


なので、リースから緑のさわやかなと~ってもいい香りがして、アロマ効果もありそうです。


あんまりこういうハンドメイドは得意でないのですが、

先生が丁寧に教えてくださったので私にもできました。


さっそく帰って飾りましたが、娘も大喜び!


ちょっとお値段は張ったけど(笑)、やってよかったです。



さて、明日あたりこの前仕込んだインフューズドオイルやチンキが仕上がりそうなので、さっそくクラフト作りをしてみようかなと思います。




スポンサーサイト

エルダーフラワーのハニー漬け


群馬で農家になる。


これじゃ何の色気もないですが(汗)


子どもの風邪対策用に、エルダーフラワーのはちみつ漬けを作りました。



このボトルいっぱいに入っていたはちみつが、最終的にこの量に・・・。


歩留まり悪すぎですね><

チンキやらインフューズドオイルやら。

今日、ハーブのチンキとインフューズドオイルを仕込んでみた。



一番左の黄色いのはカレンデュラをオイルに浸けたもの。
オイルはマカデミアナッツオイルを使用。

その隣はエキナセアのチンキ。
内服したいので、無水アルコールではなくウォッカ漬け。

あとは順にローズチンキと、ラベンダーチンキ。


カレンデュラのオイルは子どものために軟膏を作りたくて。
あとはオイルの色がキレイなので、手作りせっけんのオイルに使おうかと♪

ローズとラベンダーのチンキは、化粧水用に。
チンキは一年以上日持ちするので、冬場はローズ、夏場はラベンダー・・・と使い分けようかなと思っています。

エキナセアのチンキは、この冬の風邪予防に。
秋ごろから家族のうち誰かが風邪をひいている状態なので><

ただしアルコールなので子どもが使えないのですよね・・・。
熱湯に入れてアルコール分を飛ばせばいいと何かで読んだのですが、
娘にはエルダーフラワーのはちみつ漬けを作ろうと思います。
それはまた今度・・・。


あとは冬のクリーム用にローズの浸出油も作りたいなー!

結局もとどおり。

田舎への移住。結局は夫の実家へ帰れることになりました。

ははは・・・結局元通り。


なぜこうなったかというと、恐らく夫の山梨移住話を義母にしたためかと。

きっと、「ヤバイ!跡継ぎがいなくなる!」と思ったのかもしれませんね。

義実家からうまいタイミングで野菜や、普段は送ってこない娘のオヤツが大量に届き(笑)、
お礼の電話をしたところ、義母からサグリが(笑)

普段なら義両親の意見にまるめこまれてしまう私ですが(汗)、
ここでまるめこまれてはまた何も変わらない!と思いちょっとがんばってみましたのです。

何を?・・・う~ん、反論?

ま、そこまで強気な感じではないですが、ちゃんと、こちらの意見として伝えました。

そうしたら、

「もうお父さんが何言っても私がなんとかするから!帰ってきていいよ!」

と。

この後お義母さんがお義父さんに何を言われたかはわかりませんが(恐)、
とにかく帰れることになったのです。

やったな、私。


とにかく義両親は借金することが一番ダメなことなので、それをしないのであれば全面的に協力するとのことでした。

(最初からそう言ってたはずなんだけどな・・・というのは心の声です)


そんなわけで、回りまわって元のサヤ。

あー、初めからこうしててくれれば色々無駄にならなかったのに・・・あ、これも心の声です。





リッツ・カールトン大阪で家族会議してきました。

田舎に行ったらもう来れないもんな。

終の棲家はいずこ?

我が家の移住計画、その後。

義父の意向に完全譲歩し、丸く収まるかと思っていたのですが、甘かったー!

やっとの思いで夫と義母に話をさせ、わかったことは。


・仕事のあてなどまったく探してくれていなかったということ。
→これはわかっていたことなので、こちらでも探していたわけですが。

・そもそもブルーベリー園などやりたくない。成功するわけがない。
→あの土地は、趣味で耕してほしいだけ。

・義父が行政と企画している共同事業に、夫を入れたい。


ということでした。

私たちが実家に戻りたいと言ったのは、今持て余している土地、農機具を有効活用できると思ったからで、ただ田舎に帰りたいわけではないのです。

趣味であの広い土地を耕すために、実家に戻るなんて意味がない。

それに、共同事業で(おまけに行政との)何かをすることを、あまり善しと思えない。

いきなり街からやってきた若いやつが、そのコミュニティの中で受け入れられるとも思えない。


そんな考えから、これはやはり実家に戻るという選択肢はなくなったのかな、と思いました。

いまだに夫と義父は話をしていないですし・・・


そんなわけで、農業修行のために、農業生産法人へまず入ってみたほうがいいのではないかという結論に達しました。

もはや、土地も、農機具も、家も一から手に入れなくてはならなくなったのですから。

今候補にあがっているのは山梨県の農業生産法人です。
ここに、冬くらいに一度話を聞きに行ってみようかと思っています。


やはり、農業を始めるのは簡単ではない。

技術もそうですが、周りの協力を得るのが難しいですね。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。