プロフィール

ましまろ

Author:ましまろ
4歳の娘を持つ30代主婦です。
2012年春より、夫が脱サラして実家の群馬で農業をすることになりました。
就農までの道のり、農業のこと、ハーブのこと、田舎暮らしのことなど、きまぐれに綴ります。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
↓たくさんの新規就農者さんたちのブログがあります。農業に興味のある方はこちらへ★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
当ブログはリンクフリーです。 ご一報いただければこちらでもリンクを貼らせていただきます★
RSSリンクの表示
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルシェ香りの館・香りの湯へ行って来ました。

土曜日に思い立って、淡路島にあるパルシェ香りの館・香りの湯へ行って来ました。

ハーブ農園やハーブ製品の手作り体験、ハーブのお風呂などがある施設なので前から行ってみたかったのです。

中でもここでは精油の抽出体験ができるので、それがしたくて!!
(ちょうど化粧水がなくなったので)

で、やってきました~。


水蒸気で抽出するキカイです。
農学部出身の夫、いつになく活躍。




抽出したのは、ローズマリーと、




ローズゼラニウム。

これらをそれぞれ自分たちで摘み採ってきて、抽出します。
摘みとり楽しかった~。


これらを抽出するキカイいっぱいに詰め込んで、じっくり2時間抽出。

その成果がコチラ。


ローズマリーの精油 約5ml
ゼラニウムの精油 約2ml
フローラルウォーター 各100ml×2本 計4本

体験代が二人で3,000円だったので、かなりお得だったのではないかと。


娘はちょっと退屈そうでしたが、夫は楽しそうにやっていたので良かったです。

化粧水がたくさん手に入ったのが嬉しい♪
使用期限が短いので、バシャバシャと使えるのがいいですね。

(あーこの蒸留機械、ほしい・・・。)




実はこの体験をしたのは日曜日で、淡路島に一泊したのです。
(我が家得意の車中泊)

土曜日は同じくここで、娘とせっけん作り体験をしてきました。

石けん素地から作る簡単な作り方なので、小さな子どもでも楽しんでできます。
娘もこれは楽しかったもよう。

大きなハート型のローズヒップ石けんができました。

(写真まだなので、乾燥が終わったらまたご紹介します)



そして土曜の夜は、香りの湯でハーブ風呂に入って来ました。

この日は、月桂樹・びわ・よもぎのお湯がありました(女湯)。
ただの沸かし湯かな?と思っていましたが、一宮温泉というちゃんとした温泉らしい。

娘は大きいお風呂が大好きなので、ここで最大の盛り上がりを見せ、
脱衣所では静かに踊り狂ったり、お風呂では子ども連れのお母さんたちに話しかけに行ったり(汗)、
とってもお風呂が楽しかったようです。

私としては、お風呂上りに無料で“本日のハーブティー”が飲めることがちょっと感動。
この日はステビアでした。ほんのり甘くて、これはいいなぁと思いました。
(栽培したいということ)




気づけば土日でこの施設に入りびたりでしたが、なかなか楽しめました。

お土産屋さんの品揃えなんかも参考になったし・・・。

ただ遊びに行くのとは違って、自分たちの商売のために参考にしようと思っていくと、違った視点で体験できるのがいいみたいです。


さて、精油作りで余ったローズマリーとゼラニウムをもらってきたので、これを何かに活用したいなと考え中。。。





スポンサーサイト

豆苗その後



のびたー!!

土曜日一日家を空けていて、帰ってきたらのびてた!

植物ってスゴイ。

豆苗の水耕栽培に挑戦



スーパーで買った豆苗のパッケージに書いてあったので、
水耕栽培に挑戦!

















追肥しました。

ハーブ育成報告です。

タイム、


おっきくなったー!


ラベンダーも、、、


すくすく♪


ローマンカモミール、


のびてますー!


あんまり変わってないと思ったけど、前の日記と比べてみたら、
ちゃんと大きくなってますね。

上のみっつは、背丈が5cmくらいになったので、液肥を追加であげました。


で、ちょっと成長が遅いかな~と思っているのがレモンバーム。


一番それらしい葉っぱにはなっているのですけどね。

そしてレモンバームだけ、土の実験で小さいポットに3種の土で育てていたのですけど、
永田農法で育てていたレモンバームがもはや瀕死です・・・


このときにようやく芽がでたー!と思っていたのに、
それからあまり成長せず、もはやこの小さな芽がひとつになってしまいました(泣)

永田農法が悪いんじゃありません。
私のやり方が間違っていたんです。
やっぱり、種から育てるのにこの土はなかったのかな、と。

特にレモンバームは湿った土を好むみたいなので、よけい良くなかったのかなーと思います。

反省、反省。


次は室内でイタリアンパセリとペパーミントを植えようかな~と思案中。

室内用の土ほしいな~。


田舎行き計画のその後

以前に、実家との折り合いをつけるためにこんなことを考えましたが。

なんとまた義父と交渉決裂。とほほ。


義父も仕事をしているので、そちらが忙しく、私たちが送った計画書等も見れていない様子。

それなのに、「机上の空論だ!」なんてちょっとヒドイんでは・・・と思いましたが、親が子を心配するのは当たり前のこと。

私はそうあっさり思えるのですが、実の子となる夫はそうでもないようで・・・。

夫はかなり激怒!
実家とも縁を切る!なんて言い出す始末。

しばらく連絡も取り合わない日々が続いていました。
(今もですけど・・・)

それに加えて夫が
「きみはきみの好きなように生きていけば」なんていうので、

私は私で気分が落ち込む日々が重なり、正直ちょっとここ2週間、夫婦間もぎくしゃくしていました。


そんな日々がつらくてつらくて、自然と涙がでることもしばしば。

そんなとき心の支えになってくれたのはやっぱり可愛い娘でした。

「まま、目からなんかでてる!」
「まま、なかなくていいんだよっ」


・・・一人だったら家出してたかもしれません(苦笑)


そうこうしているうちに夫も少し心が解けてきたようで、

「最初は兼業でやるか」

とかなり義父に譲歩する気になったようです。


当初の計画からは、

・仕事をやめてどっぷり農業!(生活費は今の貯金を使う)

・農園の収支がプラスになる3年後までは会社を辞めず、週末農業。

・群馬へ転職して、兼業でやる。


ここまで変わり、まぁなんというか、完全に義父の希望通りとなったわけです。

兼業でやりながら、収益が出たらそのとき会社を辞める決断をしてもいいじゃないか、と思えるようになったのですね。


そんなわけで、夫は転職活動をこっそり始めました。

実は義母からは私には連絡がちょこちょこ来ているのですが、義父も市役所のあてなどを探してくれているらしいのです。


こんなイザコザがあって、つくづく夫と義父がそっくりだな~と実感しました。

またさらにヨメ&姑の絆は深まりましたが(笑)


ヨメとしては、転職活動の前に、親子関係の修復が先だろー!と思っているのですが、あまりキツくいうとまた石頭が復活してしまいそうなので、ちょい出しにしていこうと思います。




うちの弟が実家の庭に植えたローリエ。

昨日母からたくさん送られてきました。

買うと高いから、ありがたい♪










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。